尋常性ざ瘡という疾患

    思春期などに多くみられるニキビ。大人になってもできることがあり、悩んでいる人も多数います。出来ても「よくあるこ...

    Readmore

    痕も残りづらくなる

    ニキビというのは、10代が一番できやすいと言われています。新陳代謝の激しい年代ということもあり、毛穴に余分な老...

    Readmore

    治りを早くするために

    保険適用される治療に、面皰圧出があります。皮脂などが溜まったできものに小さな穴を開けて押し出す方法です。自分で...

    Readmore

レーザーによる治療

女子とタオル

ニキビ治療は江戸時代の頃から行われていました。
江戸時代には密陀僧と呼ばれる一酸化鉛を粉末にしたものを母乳に溶かして、それを顔に塗って治していました。
20世紀になると医学の発達によって、過酸化ベンゾイルなどの薬剤を患部に塗って治すようになりました。
20世紀の治し方の主流は薬剤を使用するものでしたが、2000年代になると、レーザーを使って治す方法が主流になりました。

初期のレーザーは1種類のレーザーだけで治していましたが、医療機器の進歩によって、2種類のレーザーを組合わせて治せるようになりました。
2000年代になっても、薬剤を使って治す方法は継続して行われています。
2008年には外用レチノイドが保険適用になり、皮膚科では外用レチノイドがよく使用されています。

今後の動向についての予測

ニキビ治療の現在の主流は、医療機器を使ってレーザーを照射する方法が主流になっています。
高い効果が得られるため、今後もレーザーを使って治す方法が主流になると予測されます。
最近の医療機器の進歩は目を見張るものがあり、レーザーを使った医療機器は年々進歩を遂げています。
今後も技術進歩によって、より安全で高い効果が得られるレーザーを使った医療機器が登場することが予測されます。
美容皮膚科では、ただ単に患部を治すだけでなく、美容の向上を意識して治しています。
今後は美容面をより配慮し、さらに美しく治すことができるようになると予測されます。
予防についても化粧品の品質の向上によって優れた洗顔石鹸が販売されています。
今後はより予防の効果の高い商品が開発されることが予測されます。

ニキビ治療を受ける際の注意点

ニキビ治療は通常の皮膚科でも治すことができます。
保険診療が適用されますので、安い費用で治すことができます。
しかし一般の病院では患部を治すことを主眼に置き、美容面についてはあまり考慮されないので注意が必要です。
美容面も配慮して治してもらうには、美容整形クリニックを受診することが必要です。
美容整形クリニックでは、美容の向上を最大限に意識して治してもらうことができます。
ただし美容整形クリニックは、保険診療が受けられないので注意が必要です。
医薬品の軟膏を買ってきて、家庭内で治すことも可能ですが、できる限り病院に行って医師の診察を受けることが望ましいです。
市販されている軟膏が肌質に合っていない場合は、より症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

オススメリンク

痕も残りづらくなる

ニキビというのは、10代が一番できやすいと言われています。新…Read more

関連リンク

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031